そして1年・・・

昨日は、ご訪問をサボってしまって本当に申し訳ありませんでしたm(_ _)m
昨夜も寝たのは遅かったのですが、グッスリ眠れたせいか
今日は疲れが殆どとれました。
また、おかげさまで猫たちもいつもどおりに戻りました。
皆様の温かいお言葉、とってもうれしかったです。ありがとうございました♪

本日の記事は、結構長いです。
それに文章が中心なので、お時間のあるときにお読みくださるとうれしいです。

朝目が覚めて、外を見ると雪!!
ずっと天気予報が外れてましたが、ついに降りましたね~



ニャコム業務は年中無休のシゲが見つめているのは



雪が積もり始めたお隣の屋根 

一方マサは



じゃらしでひと運動の後、ヒーター前でぬっくぬく

しばらくして、暖を取りにシゲがヒーターのところへやってきました

二人とも、去年の今日何があったか覚えてる?



やっぱし ( ̄ー ̄; (覚えてたら怖いかも。。。)


お気づきの方もいらっしゃると思いますが、去年の1月23日
シゲ&マサが、トライアルのため我が家にやってきました。

彼らと出会った『ニュータウン動物愛護会』では
子猫で1週間・成猫で1ヶ月のお試し期間を設けてくれています。
シゲ&マサとの出会いの様子や、我が家に来る経緯はこちらをご覧下さい→

1年前の今日午後1時半頃、動物愛護会のHさんとSさんが
ケージをはじめとする荷物と共にシゲ&マサを連れてきてくださいました。
早速猫部屋にケージを設置してニャンズを入れ、1階のダイニングキッチンで
小一時間ほどおしゃべりをした後、お二人は帰途へ。

しかし。。。


このとき。。。


猫部屋では大事件が起きていたのです!!

その様子は、Hさんにメールでお知らせしたので
そのほぼ全文をご紹介しようと思います。(多少手を加えています)

『さて、ひじき君(マサ)ともずく君(シゲ)ですが
Hさんたちがお帰りになった直後、主人とそっとドアを開けてそろそろとケージの様子を伺ってみました。
そこで私たちの目に飛び込んできたのは、一番上段にあったはずのベッドが天地を逆にした状態で一番下にあり
お水の入っていたボウルはベッドの後ろでひっくり返っていて、
本来屋根のはずの所に丸まってくっついている二匹の姿でした。

当然、ケージの床もベッドもびしょびしょ。
まずは二匹を「ごめんね~~。ちょっと上に行っててね。」と、声をかけながら強制的に移動。
二匹は暴れることなく、上の段でおとなしくしてくれてました。
滴る水をバスタオルで受けながら、ベッドをベランダに干してケージの中を拭いていたら
低く小さく「ウ~~~~~」という二重唱。
どうやら、彼らにとって我が家の印象は最悪の様子です。

我が家には、段ボールがたくさんあるので、大き目のを選んでケージに立てかけ
とりあえずの目隠しにしたところ、間もなく「ウ~~~~~」は止みました。
小さめのダンボール箱が、丁度上の段の半分くらいの大きさだったので、ベッド代わりに置き
棚板から箱にかけて、バスタオルと主人のフリースを敷きました。

一段落して、小鳥用の水入れetcを買いに1時間出かけた後、新しい器に水を入れて持っていくと
ひじき君(マサ)が即席ベッドを御気に召してくれたのか、ずっとその中にいました。
もずく君(シゲ)は、一番下の奥の方で丸くなっていました。
そして、私や主人の姿をガン見。

午後6時過ぎにご飯をあげましたが、今現在(午後11時半)ご飯は少しへっているものの、
お水は全く減っていませんしトイレも未使用のままです。
排泄のないのがとても気がかりです。

あまり神経質に観察しないように。。。とは思うのですが、少々心配しております。


ともあれ、今日は本当にありがとうございました。
今まで猫は、仔猫の頃から飼っていて、大人になってからというのは初めてなので
もしよろしかったら、お返事をいただけると嬉しいです。

またなにか変化などありましたら、ご連絡いたします。』


ホントにあの時は、親分(しろぽん=夫)とため息しか出なかったのを覚えています。

シゲとマサを
「正式にウチの子にしよう!」と決めるのに、3週間近くかかりました。
毎日お世話をしている私には、二人とも2週間足らずで擦り寄ってくれるようにはなったのですが、本当に慎重にしていました。
今ではこの子たちのいない生活は考えられないような存在です。

大人の保護猫の里親になることで、
「みきぽんさんは優しい方ですね」とか「偉いですね。」といったお褒めのお言葉を頂くことが
ままあります。たいへんありがたいお言葉ではありますが、なんとなく違和感を感じるんですね。
というのも、私の希望するような子(成猫で、元飼い猫で性格のいい子)と出会えるチャンスが、ショップやブリーダーさんのところではないだろうと思ったからです。
それに、ン十万のお値段の付いている子も、親が誰かもわからない子もみな同じ命です。
大人の猫は難しい。。。確かになれるのに多少時間がかかるかもしれませんね。
しかし、子猫の中にも気難しくて人馴れをなかなかしない子もいますし、大人の猫で
「こんなに人懐っこくて大丈夫?」っていう子もいます。
こういうことをいってる私は、本当の猫好きではないのかもしれませんね。。。

それに、子猫も1年も立たずに大人になってしまいますし、親兄弟と早くに別れてしまった子に甘噛みや危険なことを教えるのはかなり大変です。(少なくとも私の場合そうでした)

その点大人で飼い猫だった子は、「ダメ」「いけない」とか多少人間の言葉や表情を理解できますし、危険なイタズラはほとんどしません。特にウチのような仲のいい兄弟だと
一緒に遊んだりもするので、長時間の留守番でもけっこう平気です。

『ニュータウン動物愛護会』さんに限らず、現在あちこちのボランティア団体さんが
活動されていますが、捨て猫は後を絶ちません。
元々ノラの生活をしていた子達は別として、それまで人に飼われていた子が
ある日全てを取り上げられ、放り出される。
「捨てる神あれば拾う神ありさ。親切な人の目に触れて、なんとかなる」
そんな風には決して思わないで欲しい。

「ウチでも猫を飼おうかしら」。。。そう思ってらっしゃるあなた。
もしお家に来た子が、いたずら大王であなたの大事なものを片っ端から破壊しても許せますか?
いわゆる『吐き猫』タイプで、大事なカーペットやお布団やお洋服の上にゲボったりしても
粗相クセのある子で、おうちのいたるところで粗相しても愛していけますか?
不運にも病気になって多大な治療費がかかっても、まかなっていけますか?
ご自身やご家族に猫アレルギーが発症したり、どうしても飼い続けられなくなった場合の
猫の受け入れ先は確保されていますか?
今一度ご自身とご家族に充分確認してください。心からお願いします。

そして、最後に一言。。。。シゲ&マサの元の飼い主さんへ
この子達家族(母猫ともう一人の兄弟がいます)を育ててくださってありがとうございました。
でも、もしこの子達を返して欲しいと思われても、あなたにだけは絶対に渡しません!!

長々とお付き合い下さった方、本当にありがとうございます

ではお口直しに。。。。



<おまけの1枚>


タイトル:あ~~~ん!






お忙しい中お越し下さりありがとうございます


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

コメント・ポチ・ペタ・GOODの応援、本当にありがとうございます!

コメントを下さった方には、お返事の代わりにご訪問させていただいております。
ブログをお持ちでない方は、その旨コメントしていただければ記事内でお返事いたします。
また、コメントはちょっと・・・という方・お時間のない方
ポチ逃げ・ペタ逃げ・読み逃げ大歓迎です音譜

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●




1年前のことなんて覚えてないよ~の
マサ&シゲに愛の1ポチよろしくお願いいたしマスドキドキ
↓      お好きなほうでどうぞ♪      ↓

   
ポチが、コメント欄を表示した状態だとカウントされないそうなので
ご面倒ですが、コメント下さる前にポチをお願いいたしま~~す
スポンサーサイト

シゲ&マサとの出会い

昨日は、シゲ&マサのお誕生日に暖かいお祝いのコメントを頂き、本当にありがとうございます。m(_ _)m
2ニャンにとっては「いつもと違うけど、おいしいものたくさん食べれてラッキー♪」
だっただけみたいです。(^^ゞ


さて、昨日予告しましたように
今日は特別企画の第一弾、『シゲ&マサとの出会い』をお届けしようと思います。

最初に、この3日間は文章中心になりますので(それもド下手クソの。。。)
読むのがしんどいと思いますが、是非よろしくお願いいたします。


私自身、猫と生活を共にするのは4回目になります。
このことについては、後日ゆっくりお話したいと思います。


今年の1月、動物と暮らしたことがなく、二の足を踏んでいた親分の了解がとれたのを機に
一昨年から数回足を運んだこちら の譲渡会に数ヶ月ぶりに顔を出しました。

こちらでは、里親希望の申し込みをすれば
仔猫で1週間、大人猫は1ヶ月間のお試し期間を設けてくれます。


私が猫との出会いを、ショップではなくここにしようと思ったのはまさにこの点でした。
それに、猫たちの面倒を実際見ている方から正直な情報をもらえるのも大きいです。
ショップなどでは、猫の性格などは判りませんし
実際生活してみて、「この子はちょっと。。。。」となった時にも
当然引き取ってはもらえません。


私にとって最も我が家と相性のいい子と出会える可能性の高いところがここだったのです。
ですから、私の中で「ボランティアをした」とか「行き場のない子を助けてあげた」といった
感覚は全くありませんでした。


会場へ行き、責任者のHさんに
「主人が動物と暮らしたことがないので、なるべくおとなしい子がいいんですが。。。」
と相談すると
「じゃあ、大人で性格がいい子がいいでしょう。」
もう私の希望にピッタリの意見を言ってくださったのです。


性格が良くて飢えたことのない子が第一希望でした。
そういう子なら、大人になっていても片目・片足がなくても構わない。
そう思いながら、猫たちの入れられている10個以上もあるケージを一つ一つ見て行きました。
それぞれのケージには、中の子達の簡単なプロフィールや一言メモのようなものが置かれていました。


最後のケージの前で、私の足が止まりました。
そのケージには3匹の猫がいて、
『黒白:(ひじき)1才 人が大好きな甘ったれです。 
 グレーシロ:(もずく)1才 これでもかというほどの甘えん坊です。 
 キジトラ:(ガジュマル)7ヶ月 やんちゃです』 と書かれていたから。


グレーシロのもずくは、シゲ。黒白のひじきは、マサです。


若いガジュマルは全く物怖じした風もないのに対し、シゲとマサは目をつぶって丸くなったまま。
マサはガジュマルが首に噛み付いても、反撃もせずじっとしていて
時折「大丈夫だよ、ボクがそばにいるよ。」とでも言いたげに、隣のシゲの頭をなめてやっていました。


「ああ、性格のよさそうな子だな~」
私の目は二匹に釘付けになりました。
確かに大人の子でもいいとは思っていたのですが、二匹は全く考えていませんでした。
でも、二匹の様子を見ていて
「この子だけ下さい。」とは、とても言えません。
二匹とも引き取るか、二匹とも諦めるか。。。二つに一つだと思いました。


「え~~!? 二匹? ムリだよ~。」
そうしろぽんに反対されるのを覚悟して、相談してみたら
「お試しできるんなら、とりあえず二匹一緒でもいいんじゃない?」



( ̄▽ ̄;;)いいの? ホント?


早速Hさんにメールして、翌週再び譲渡会へ出かけ、シゲ&マサと再会すると共に
彼らを去年の4月からお世話してくださっているSさんに詳しいお話を伺いました。





携帯の画像なので、ボケボケでごめんなさい。二匹ともすっごい悪人顔 ( ̄▽ ̄|||)



そして



二日後の1月23日(火)、巨大ケージ・ネコベッド・トイレ・じゃらし1本と共に彼らは我が家へ来たのでした。


火曜日の午後我が家に来てから翌水曜日の深夜まで、飲まず・食わず・出さず状態。
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、問題は『出さず』でした。

ちょこちょこトイレを覗いてみても、使った形跡はなし。
ウンPはまだしも、チッコをしないのは大問題です。


水曜日の朝、9ヶ月間この子達をお世話してくださっていたSさんに連絡をとり、アドバイスを求めたところ

「とにかく全部覆ってください。そして、明日の午前中までにおしっこしなかったら、一旦引き取りましょう。」


という次第で、みょーーなオブジェが誕生したワケです。↓





水曜日の深夜、寝る前の一服しに猫たちのいる部屋へ行き(我が家で唯一の喫煙ルーム)
窓際でタバコを吸い終え、カーテンの隙間からトイレを見ると


ん!?なんか違う。。。。


ケージの入り口側のカーテンの裾を少しまくってみたら、床に散らばったトイレ砂。
「えっ!」
カーテンを更にたくし上げ、視線をトイレに移すと、こんもりと砂が盛り上がってる。


急いでトイレを取り出し左右にゆすると、ゴロンゴロンと直径8cm以上はあろうかという
塊が二個出現。本当に嬉しいやらホッとするやら。。。
二つあるごはん皿を見ると、一つは殆ど空になっていました。


ネコのしっこの塊を見て喜んだのは生まれて初めての経験でした。






金曜日午前中、望遠で撮った1枚。まだまだ警戒モード全開です。



その翌日の深夜にやっとウンPも確認。(コロコロでしたが)
出すもの出したら食欲も出てきたらしく、26日ぐらいからようやく
食事らしい食事をするようになり、一安心しました。





殆どゴミ箱行きになった、ネコ缶たち (/_-。)



2日目はマサのことを書きますので、お楽しみに♪



プロフィール

みきぽん33

Author:みきぽん33
白黒ネコのマサ
サバトラ白ネコのシゲ
虹の橋へ出向してるネネと
バ飼い主夫婦のゆるい日常を公開中

ニャンズプロフィール

マサ ♂
2005.04.06生まれ(推定)
おっとり天然系
カツオ命


シゲ ♂
2005.04.06生まれ(推定)
超甘ったれ
ヒモと箱が大好き


ネネ ♀
1996.04.06生まれ(推定)
2010.10.18虹の橋へ
ツンデレお姫様

月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示